FC2ブログ

つのしかブログ

神奈川県湘南地方の歯科医のブログ

2009-11

事業仕分、診療報酬「改善」判定



昨日からの雨がやっと止んできました。

今日は一日中愚図ついたお天気となるのでしょうか。

9時からの在宅訪問診療が一時間半程かかりました。


今朝のニュースです。


廃止・見送り700億円超 事業仕分け 診療報酬「改善」判定
11月12日7時56分配信 産経新聞

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は11日、東京都新宿区の国立印刷局市ケ谷センター体育館で、平成22年度予算の概算要求の無駄を削る「事業仕分け」を始めた。国土交通省の「国土・景観形成事業推進調整費」(概算要求額200億円)を「廃止」と判定するなど、廃止と見送りによる削減額は700億円を超える。

 焦点の厚生労働省が所管する診療報酬(概算要求額9兆3612億円)の配分については、開業医と勤務医の収入格差の平準化や収入の高い診療科の報酬引き下げなどが必要として、「改善」すべきだと判定した。
 また、「農道整備事業」(農林水産省、同169億円)▽「里山エリア再生交付金・田園整備事業」(同、同90億円)▽「子どもの読書活動の推進事業・子どもゆめ基金」(文部科学省、同23億円)▽「健康増進対策費」(厚労省、同2億円)も廃止とした。

 厚労省の診療報酬明細書(レセプト)のオンライン化のための機器整備補助費(同215億円)は22年度予算への計上見送りを要求。文科省の「国立女性教育会館」(同6億円)は「大きく予算を減らすべきだ」と判断された。
 11日は「事業仕分け」ワーキンググループ(WG)が3班に分かれ、国交、農水、厚労、文科の計4省所管の23件を対象とした。WGは今後27日までに、約220件、計447事業の仕分け作業を終える予定。政府は、概算要求段階で過去最高の95兆円超に膨らんだ一般会計歳出の3兆円以上の予算削減を目指す。




無駄か否か、削減か否か、長期的な視点で、有識者同士のしっかりとした議論が必要かと思います。

午後からは3歳6か月児健康診断の当番です。



スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

 | HOME | 

 

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ピカピカてぃーす

Author:ピカピカてぃーす
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

 

カレンダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールはこちらから

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

フリーエリア