FC2ブログ

つのしかブログ

神奈川県湘南地方の歯科医のブログ

2019-12

世界でも通用する。

世界で通用する選手が出てきてくれたことを誇りに思います。

この活躍は本当に素晴らしいです。


遼クン競り勝った!世界6位ペリーを撃破


PN2009101201000058_-_-_CI0003.jpg
 
 男子ゴルフの米国選抜と世界選抜(欧州を除く)の対抗戦は、シングルスのマッチプレー12試合を行い、石川遼(18)=パナソニック=は、世界ランク6位のケニー・ペリー(49)=米国=に2アンド1で競り勝ち、ポイントを挙げた。史上最年少の18歳で初出場した石川は、大会通算3勝2敗の大健闘。最終日に6勝4敗2分けの米国選抜が、通算ポイントでも19・5-14・5で世界選抜を下し、3連覇を果たした。

  ◇  ◇

 接戦の末、世界ランク6位を“ギブアップ”させた。石川の1アップで迎えた17番。ペリーの1メートルのバーディーパットがカップに蹴られた。まだ石川のパーパットが残っていたが、49歳は敗戦を悟り、石川に握手を求めた。勝利を信じて大声援を送っていた米国ギャラリーが静まり返った。

 「どう見てもペリーの方が力は上なので、何とか最後までへばりついて粘り強くプレーしようと考えていた。まさか本当に勝てるとは」。グリーンサイドでノーマン主将から祝福の抱擁を受けた石川の目はかすかに潤んでいた。

 米ツアー通算14勝、31歳も年上のベテランと互角に渡り合った。14番パー3が大きなポイントとなった。最初にペリーがピン上1・5メートルにつけると、石川も負けじとピン下1・5メートルへ。先にパットを打った石川がバーディー。重圧をかけられたペリーは外し、石川が1アップとした。

 運も味方した。15番では第1打を木立に打ち込んだが、前方にスコアボードがあったため、グリーンを狙える位置にドロップできた。続く16番はグリーン奥のカラーから7メートルをねじ込んでバーディー。「なんてすごいやつだ」。歴戦のつわものが、18歳の執念に思わず手元を狂わせてしまった。

 「今季の自分を生かせた。スコアを落としたり、悪いショットを打っても気持ちを切らさずにプレーできた」。4日間通算でもエルスと並んで世界選抜の勝ち頭となる3勝をマーク。「11人の素晴らしい選手と一緒に過ごせて、たくさんの思い出ができた。宝物の1週間になった」。世界選抜の名に恥じない活躍を見せた18歳。日本のエースから『世界のエース』へと羽ばたく日も遠くはなさそうだ。

(2009年10月12日).


石川遼選手の素晴らしいところは、しっかりと長期目標を立てて、日々の猛トレーニングをしっかり積んでいるところです。

今後必ず来る「怪我」と「スランプ」をいかにうまく切り抜けることが出来るか?期待しています。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://white8020.blog35.fc2.com/tb.php/364-a1e5ef5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ピカピカてぃーす

Author:ピカピカてぃーす
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

 

カレンダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールはこちらから

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

フリーエリア